イフダン注文について

イフダン注文について

24時間いつでもマーケットがオープンしているところが、FXの大きな特徴になっています。
しかしすべての人が、ずっと張り付いて、FXの取引はできません。
少なくても睡眠時間の間は、取引することはできないでしょう。
そこでもしも自分が参加をしていない時に、レートが大きく動いた場合の準備をしておく必要があります。
その対処法の中の一つに、イフダン注文という注文の手法があります。
イフダン注文というのは、2段階の注文を一気に出すことができる注文のスタイルのことを言います。
まず一段階として、指値注文を出します。
そのうえでもし最初の指値注文が成立した場合には、もう一つの指値注文をあらかじめ出して、その注文が発注されるようになっている注文のスタイルのことを指します。
2段階目の注文は、最初の注文が成立しない限りは、機能することがありません。
具体的にイフダン注文はどのようにすればいいでしょうか?
例えば、あなたが円とドルの取引をしていて、現時点で1ドル=100円だったとします。
しかしあなたの予想としては、一時的に下がる可能性はあるけれども、招待的には、1ドル=101円くらいになるだろうと予想します。
そこで、もし99円になったら、買いの注文を出しておきます。
そしてその後もし101円に回復した場合には、そこで売り注文を出すという注文を一気に出します。
もしイフダン注文が両方成立すれば、2円の利益を確保することができます。
つまり、利益を計算することができるところが、イフダン注文の魅力です。
いちいち注文を出すようにしてしまうと、買ったり売ったりで、相場に振り回されてしまうことになりかねません。
しかも、いつ為替相場が動くかということは、予想がつきにくいところがあります。
その結果、常に画面にへばりついていないといけなくなってしまいます。
しかしもしイフダン注文を出しておけば、条件を満たせば、あとは勝手に機械で処理をしてくれるので、画面にへばりついている必要はなくなります。